創作一人語り
スマホ閲覧非推薦
詳しいサイト説明はPROFILEから
PROFILEENTRYCATEGORYARCHIVELINKCLAP
main イディオ >>
リチェルカーレ

とりあえず試運転。

ブログ名はシルワって読むらしい。

推し創作キャラのリチェルカーレっぽく森林とかそういうテーマで

トップ画更新していこうかなぁとか!

基本的には自己満足の創作語りです、多分。

とりあえず初回なのでラフのリチェルカーレを…。

めちゃめちゃラフ状態だけど何も色つけないよりはマシ…?

書上げるの待ってたらいつになるかわからないから、

ひとまずはしばらくこの状態で…。

Top画の子はリチェルカーレ(愛称リッチェ)と言う名前、由来は音楽用語から。

音楽用語からひっぱってきたのはリッチェの使用する武器が指揮棒を兼ねた杖だから。

リッチェは歌声で精霊を操れるので、指揮棒という感じ。

リチェルカーレの音楽用語説明では、要約すると探求という意味があるらしいです。

 

創作に名前つけてないので創作4(カテゴリ)になってますが、

この創作4の世界ではエルフが存在します。

でも金髪碧眼でないと完璧なエルフではないと言われていて、

リッチェは緑髪&ピンク気味の赤眼(前に描いたリッチェ↓)

なので、エルフの里でエルフとしては認められていない可哀想な子だったりします。

エルフの子供なら基本他の色が混じる事は絶対にないですが、

色が違うのは人間とエルフのハーフという証です。

あとエルフの象徴の耳が他の人より短くて髪に隠れちゃったり。

それと創作4のエルフは長命だけどリッチェは他のエルフより短命、人間の血混ざってるからね…。

(いうて人間より圧倒的に長生き)

でもエルフとして授かった魔法は素晴らしいもので、

エルフたちが大好きな精霊や妖精・蝶などが自然にリッチェに集まるという…。

名前の由来の探求の所は、リッチェが正式なエルフとして認められてないがゆえに、

人間がエルフの里に来る際に必ず通らなければいけない人間の森とエルフの森の境を守る、

番人の役目を任されたからです。

でも実際人間がエルフの里に存在できる時間は限られてて、

一定の時間を超えると自動的に人間界に返されてしまうので、

エルフの里に行こうとする人間はほとんどいません。

そもそも森と森をつなぐには特殊な力が必要なのです…です…。

エルフだけどエルフとしてエルフの里に住むことを許されてないから、

番人という役職の元誰も来ない森へ閉じ込められてる、

って感じですね!!

 

でもリッチェは嫌味言われるくらいならそれでもいいやと思ってて結構受け入れてる。

リッチェ目線では主人公達がエルフの森に足を踏み入れた事によって、

閉じ込められてたリッチェの人生が変わっていく感じになってます。

お気に入りだけど描きなれてなくて微妙に描きづらかったりするから、

たくさん描いて描きなれたい所!

 

とりあえずそのうち綺麗なリッチェにトップを差し替えます…。

 

 

JUGEMテーマ:お絵描き

 

 

00:00 創作4 -